検索
  • inuzuka9

避妊・去勢手術について

「仕方の無い選択」で済まされますか。


もし、貴方が仕方なく動物を捨てたとしましょう。


その子は、本当に幸せになれますか?

幸せになれる保証はありますか?


―拾ってください―とダンボールの中で捨てられている子を誰かが見つけて、その子が幸せになるという綺麗な物語は本当にほんの一部の話です。


じゃあ、その子はこの先どうなりますか?


〇孤独に歩き回り、雨水を飲み生ゴミや草を食べ栄養失調になるかもしれません。

〇事故に遭って怪我をしたり最悪生きていけないかもしれません。

〇体も心もズタズタになるでしょう。

〇動物にも心があります。

〇捨てられたことを悲しみ孤独を感じて夜を過ごすでしょう。

〇また、保護されたとしても

飼い主が見つからず殺処分になるかもしれません。


待っている現状は綺麗なものではなく、残酷なものなのです。


そして、動物を捨てるという行為は絶対にあってはならないことなのです。


命に責任を持ちましょう。


そのために、望まない妊娠はさせない。

妊娠してしまう環境にある子は避妊・去勢手術をしましょう。


その子を守ってあげられるのは貴方だけです。


避妊・去勢手術についてよく考えましょう。




14回の閲覧

【事務局】

長崎市田中町311-1「森の中のペット霊園 ペットのおはか」内

☎ 095-839-5511

© 2019- 動物愛護団体 架け橋