検索
  • inuzuka9

動物の遺棄・虐待は犯罪です。

動物の遺棄・虐待は犯罪です。


〇愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。

〇違反すると、懲役や罰金に処せられます。


・※愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者

→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

・※愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなどの虐待を行った者

→100万円以下の罰金

・愛護動物を遺棄した者

→100万円以下の罰金


※愛護動物とは

1.牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

2.その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの


☆重要☆

動物愛護とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆる※ネグレストと呼ばれる行為も含まれます。


※ネグレストとは

ペットに対するネグレストは飼育放棄


動物の遺棄・虐待は犯罪です。

ですが、命はお金に変えられるものでもお金で返ってくるものでもありません。

傷ついた心もお金で返ってくるものではありません。


そして、ご自身のお子様だけでなくすべての動物に愛情を持って接してあげてください。




10回の閲覧

【事務局】

長崎市田中町311-1「森の中のペット霊園 ペットのおはか」内

☎ 095-839-5511

© 2019- 動物愛護団体 架け橋