検索
  • inuzuka9

マーキングについて



前回、散歩についてお話しました。

今回は散歩の中でよく目にするマーキングについてお話します!


マーキングをする理由は、主に自分の縄張りを守るためです。自分のにおいをつけることで存在をアピールしています。犬種によってやり方はいろいろあるそうですが、多くの犬は高い位置に尿をかけて、「自分は強いんだぞ」ということを主張しています。しかし、縄張りを守るためだけにマーキングはしていません。マーキングにはわんちゃん達が抱えているおもいが表れています。


○生活環境の変化によるマーキング

生活環境の変化がわんちゃん達にはストレスで、それによるマーキングがあります。だから、飼い主さんは新しい生活環境に馴染めるように、愛犬自身のにおいや飼い主さんのにおいのついたものを近くに置き、安心できる生活環境をつくってあげましょう☆


○不安感によるマーキング

不安感の強いわんちゃんは、飼い主さんが近くにいないことでかなりのストレスを感じ、その結果、いろいろなところにおしっこをして、自分のにおいをつけて落ち着こうとします。長い時間の留守番などによるストレスから、分離不安症になることもあるので、一緒に遊んだり、散歩したりして、楽しくて幸せなときをたくさん過ごしましょう☆


○カーミングシグナルのマーキング

(カーミングシグナルとは、自分の立場やおもいをしぐさで相手に伝える行動のことです。)この場合だと、敵意がないこと、仲良くしようという親愛のおもいを伝えるときにします。


室内でのマーキング対策とは?

ここで大切なことは「なぜ、マーキングするのか」ということを考えることです。その理由かから、ストレスを軽減してあげましょう。叱ったり、押さえつける行為は、逆にストレスを与える可能性があり、悪循環に繋がります。だから、重要なことは信頼関係をもとに主従関係をつくることです。上記に述べた、ストレス軽減とは、☆散歩に連れていくこと、☆一緒に遊ぶことなどです!


人間と犬とではおしっこをすることの意味が異なります。そのおしっこをするという行為に隠されているおもいを考えてあげることが、ずっと長く共に生活していく家族とのよりよい関係を築く基礎となってくるでしょう☆




0回の閲覧

【事務局】

長崎市田中町311-1「森の中のペット霊園 ペットのおはか」内

☎ 095-839-5511

© 2019- 動物愛護団体 架け橋