【事務局】

長崎市田中町311-1「森の中のペット霊園 ペットのおはか」内

☎ 095-839-5511

© 2019- 動物愛護団体 架け橋

  • inuzuka9

ペットと過ごすこと





殺処分は、ペットに関する最も深刻な社会問題の1つで、2015年度の年間殺処分数は、犬・猫合計で約8.2万頭と言われています。

しかし、年間殺処分数は、過去10年間で、3分の1以下に減少しています。

その背景には、保健所の引取り数が減少していることと、殺処分率が低下していることがあります。


ペットを飼育することのいいところ、教えてくれることは、「無償の愛を感じることができる」「命の尊さを教えてくれる」ということが挙げられます。

「無償の愛」とは、損得の関係ない、純粋な愛情ということで、例えば、名前を呼んだら走ってきたり、寝るときは枕元で一緒に寝てくれたりしてくれるところです。そんなペットが、「可愛い、守ってあげたい、愛おしい」といった感情が生まれると、人間性が豊かになると思います。

「命の尊さ」とは、生きものは必ず死を迎えます。そのとき、はじめて悲しみや後悔をして、「楽しかった毎日は終わりがくるんだな」と感じるはずです。だから、命は尊く、貴重なものということを感じさせてくれる存在です。


そんなペットを大切に一緒に幸せに過ごすために、日本動物愛護協会が、「飼い主に必要な10の条件」というものを述べています。

①住宅がペットを飼える状況にあること

②ペットを迎えることに家族全員の合意があること

③動物アレルギーの心配がないこと

④そのペットの寿命まで(終生飼養)飼育する覚悟があること

⑤世話をする体力があり、その時間をさけること

⑥高齢になったペットの介護をする心構えがあること

⑦経済的負担を配慮すること

⑧必要なしつけと周囲への配慮ができること

⑨引越しや転勤の際にも継続飼養する覚悟があること

⑩飼えなくなった場合の受け皿を考えておくこと

以上の10の条件を、ペットの命を預かる・飼う前によく考えて、責任もってお世話しま

10回の閲覧